戦争をさせない1000人委員会の活動が活発化しています。国会における審議そのものが、そもそも「この法案は違憲ではないのか」という原則論に立ち返りつつあります。菅官房長官は法案の修正に応じる姿勢を示していますが、修正どころか廃案にしなければなりません。戦争をさせない1000人委員会・信州・ニュースNo.29号が発行されたので拡散願います。

6/16戦争をさせない信州・ニュース29号