参議院議員選挙は県区と比例区の「2つ」の投票用紙があります。自治労長野県本部で推薦し応援しているのは、次の通りです。

①1枚目 クリーム地に黒枠=長野県選挙区の投票用紙=「杉尾ひでや」

②2枚目 白地に赤枠=比例代表選挙区の投票用紙=「吉田ただとも」

投票用紙

★期日前投票も活用しよう

投票日前日の7月9日まで期日前投票ができます。投票日に投票所へ行けない方は期日前投票を必ず済ませましょう。そして、「棄権はキケン」投票を棄権することは白紙委任を渡すことに等しく危険です。まわりの仲間にも投票に行くように声掛けをしよう。

★信州人の良識そして、自治労の団結を示す時

報道によると県内各市町村で期日前投票の数が前回参院選を上回っているとのことです。日本の未来を左右する参院選に関心が高まっていることが伺えます。と同時に、「自公」vs「野党共闘」のガチンコ勝負である長野県区で、双方の陣営が必死で働きかけを行っている熾烈な選挙戦であることも伺えます。

「落下傘より○○さん」「野党共闘は野合」と、自分達のことやこれまでの行いを棚に上げて口汚い罵りを広げる自公に負けるわけには行きません。「信州人の良識・良心」を見せる時です。そして、自治労県本部組合員2万人の団結を示す時です。自公の傲慢にクサビを打ち込む「県区・杉尾ひでや」、アベ政治の暴走を止める「比例区・吉田ただとも」。両氏セットでの応援を!