政府は、12月24日の閣議で2014年度の政府予算案を閣議決定しました。また、同日、総務省から2014年度の地方財政対策の内容が公表されました。
 地方財政については、地方財政計画の規模は83兆3,700億円と前年度比1兆4,500億円の増額となり、景気による税収の上振れを見込み、地方税(35兆127億円)、地方交付税(16兆8,855億円)を含めた一般財源総額は60兆3,577億円と前年比6,050億円の増額を見込んでいます。
 また、歳出のうち、退職手当を除く給与関係経費は18兆4,800億円と前年比6,908億円の増額を見込んでいます(資料2の16枚目「平成26年度地方財政収支見通しの概要(通常収支分)」参照)。

資料2地財対策