11月23日夜に発生した「神城断層地震」では、白馬村・小谷村などを中心に家屋の倒壊や道路の隆起、水道・下水道等のライフラインに大きな被害をもたらしました。地震に被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。自治労県本部は、白馬村職労や小谷村職労などと連携を取りながら対応していますが、小谷村職労出身の斎藤利浩中央執行委員を、村内の道路・水道等の復旧業務支援のため、12月15日まで小谷村に派遣することにしました。この間の、斎藤中執の担当地区については、西沢書記次長が担当します。