労働者派遣法改正案の国会審議が大詰めを迎える中、日本労働弁護団は6月3日、記者会見を開き、派遣労働者たちを対象に受け付けた緊急電話相談の結果を発表した。棗一郎弁護士は、改正案に対する不安の声が相次いで寄せられたとして、「法改正の内容が全然伝わっていない」と警鐘を鳴らした。続きは添付本文を読んでください。

記者会見する日本労働弁護団の棗弁護士

記者会見する日本労働弁護団の棗弁護士

 

労働者派遣法改正案で日本労働弁護団が緊急電話相談結果を発表