9月27・28日、上田市・東急REIホテルで自治労長野県本部第109回定期大会が開かれました。代議員・傍聴を含めおよそ300人が結集しました。

大会討論では30本を超える発言をいただき、2017年度県本部運動方針が補強され、圧倒的な信任で方針が確立されました。当面は、秋の確定闘争に向け、たたかいを強化していきます。

職場環境も労働運動も厳しさを増し、活動の停滞がどの単組でも課題となってきています。しかし、だからこそ、組合に集まり話し合うことが今、本当に大切になっている、という結集軸としての組合・県本部の在り方を確認し合えた大会でした。代議員・傍聴のみなさん、大会参加大変お疲れ様でした。県本部運動への結集を今後ともよろしくお願いいたします。

dsc_6827

2017年度のたたかいへの決意を固めた団結がんばろう