2月13日、松本市・キッセイ文化ホールでライフプランセミナーが開催されました。

今回は初の「土曜日」開催ということで、どの程度組合員が参加いただけるのか
不安な面もありましたが、午前、午後の部ともに大勢の参加をいただきました。
参加者の満足度も非常に高く、参加者の受け止めも非常に良いものとなりました。
(セミナーの様子は本文下に写真を掲載)

【参加者アンケートから】(抜粋)

●午前の部(自分で計算しよう!わが家の必要保障額)
・保障額算出の練習と実践で、自分の必要額がわかったのでよかった
・資料がとってもわかりやすい
・制度を知らないと損をすることばかりなので話を聞けてよかった
・公的保障、職域保障について制度の詳細の説明が聞けてよかった

●午後の部(通信費の見直し成功術)
・今までのプランで使用を続けると総額でいくらにかかるかを意識できた
・格安スマホ→コマーシャルでみるだけだったので内容がよく分かった
・2台持ちは目からウロコ!でした。こんな手があるのかと驚きでした
・通信費の改善をすぐしたくなりました
・基本的な料金体系や金額の説明を聞き、自分の請求されている料金についても目の付け所がわかった気がする

●その他
・わかりやすくハキハキと大事なポイントを伝えてくださった
・メリハリがあり、集中力が途切れなかった
・ケータイの見直しは新しい切り口だった

など多くのお声をいただきました。

今回の企画にあたっては保障分野に限らず、春闘の取り組みと合わせ
広く組合員の家計を応援できるようなテーマを選定しました。

また、土曜日開催でしたが午前・午後通して参加される方が多かったこと、
ご夫婦での参加が多かったなど、土曜日開催における参加者の特徴も確認できました。

自治労長野県本部・全労済自治労共済本部長野県支部は今後もより多くの
組合員の皆様に役立てるようなセミナーを企画していきます。ご期待ください。

【Photo Report】
午前の部は「自分の必要保障額を計算する」実践型セミナーでした。
ご夫婦で相談しながら計算をされている姿が非常に象的でした。
実践の時間では積極的に滝沢講師に質問される方も多く見られ、活気あふれるセミナーとなりました。
20160213_P5